職場メンタルへルス対策支援プログラム「JEMS」を提供開始

 一般社団法人日本うつ病センター(JDC)は、JDC産業メンタルヘルスセンター、六番町メンタルクリニック、 JDC精神療法センターが連携して実施する職場メンタルヘルス対策支援プログラム「JEMS(JDC Employee Mental health Support Program)」の提供を開始しました。 JEMS(ジェームス)は、精神科医、精神科産業医等で組織するJDCの特長を生かした医療支援を基本とするプログラムであり、 従業員数、業種、業態を問わずあらゆる企業のメンタルヘルス対策に寄与することを目的としています。

所長挨拶

メンタルヘルス不調の一次予防から三次予防まで

 本年12月1日よりストレスチェック制度の実施が義務化されます。これにより、従業員のメンタルヘルス対策は企業の業種・業態を問わず、最優先の経営課題となりました。
メンタルヘルス不調者の増加は、安全配慮義務の履行といったリスクマネジメントに止まらず、労働生産性の低下という、企業経営の原点にまで悪影響を及ぼすことをご理解いただくことが重要です。
このような状況を背景にして、新たに発足したJDC産業メンタルヘルスセンターは、六番町メンタルクリニック、JDC精神療法センターと連携して、精神科医による職場の医療支援をワンストップでサポートする体制を整えました。
当プログラムの特長は、三つあります。
 一次予防(発症予防)として、睡眠改善に注目し、最新の治験を活かした「睡眠改善プログラム」を提供します。さらにストレスチェック制度の法令化にともない、産業保健の現場では実現が難しいストレスチェック後の高ストレス者の面接指導もお受けします。
 二次予防(早期発見・治療)として、わが国でも著名な精神科医による正確な診断と治療的な介入を行い、休職しないで働き続けることができるように指導し、休職から復職のプロセスで惹起する多くのリスクを回避したいと考えています。
 三次予防(復職支援・再発予防)としては、産業医経験がある産業メンタルヘルスセンターの精神科医と六番町メンタルクリニックの医師とが密接に連携し、産業保健の現場で散見される、主治医と産業医とのミスマッチを解決することにより、労使双方の産業保健活動を支援します。
 職場のメンタルヘルス対策の推進には、勤労者だけでなく、管理監督者、企業のトップの意識改革が必要であり、企業全体で取り組む必要があると考えております。そこでJDC産業メンタルヘルスセンターは、その対象を企業に関連するすべての人といたしました。

平成27年8月末日
一般社団法人日本うつ病センター
JDC産業メンタルヘルスセンター
所長    中村 純

JEMS( JDC Employee Mental health Support Program)とは

JEMS(ジェームス)は、職場メンタルヘルス対策の改善・推進プログラムとして次の特長を有します。

  1. JDC産業メンタルヘルスセンターが六番町メンタルクリニック、JDC精神療法センターと連携してワンストップでサポートします。
  2. 個人と組織に分けたサポートで、職場メンタルヘルス対策を総合的に進めます。
  3. JDCの精神科産業医、精神科医が実施するエビデンスに基づく一次予防から三次予防までのプログラムです。
  4. ストレスチェック後の高ストレス者面接指導、メンタルヘルス不調者の診療を優先して受け付けます。
  5. JEMSは、会員制で運用されます。

連携したチーム対応で一次から三次予防に十全な効果を発揮

個人へのサポート ・診療サポート
(専門医紹介、セカンドオピニオン、復職支援など)
・コンサルテーション
(メンタルヘルス不調者対応の助言)
・コンサルテーション
(メンタルヘルス不調者対応の助言)
対象 メンタルヘルス不調者
従業員
人事労務担当者
管理監督者
産業医
産業保健スタッフ
組織へのサポート ・従業員教育
・研修
・就業規則
(休職制度・復職手順)
・管理監督者教育・研修
・従業員教育
・研修のノウハウ習得
専門的な診療の提供
組織の環境(構造)/整備サポート
教育・研修サポート

プログラムの特長

1. 一次予防プログラム

一次予防(健康増進、疾病の発症予防)対策としては、従業員や管理監督者向けのメンタルヘルス教育の他、エビデンスに基づいた様々なプログラムを準備しています。心の健康保持にまず必要なことは、良く眠ることです。 メンタルヘルス不調の手前には睡眠や生活習慣の乱れなどの問題があります。睡眠改善プログラムでは、事業場の産業保健スタッフに対して専門的な研修を行い、 良く眠る力を高めるための集団教育や簡易睡眠計を用いた睡眠保健指導を事業場で継続的に実施できるようサポートします。睡眠のリズムが整えば、生活習慣も改善されるという側面もあります。 また、ストレスに対するレジリエンス(復元力)を高めるためのストレスマネジメントプログラムでは、認知行動療法の原理を用いた集団研修やウエブプログラムを通して、 従業員のストレス対処能力や問題解決力を高めるサポートを行います。その他、組織行動学に基づいたモチベーション教育やフェアマネジメント研修なども行います。

2. ニ次予防プログラム

二次予防(早期発見,早期介入)に最も必要なのは、正確なアセスメントです。メンタルヘルス不調には様々な原因があります。 病気か、それ以外の個人的問題か、職場の問題か、適応の問題かなど労働者が抱えている真の原因をアセスメントできないと有効な解決には結びつきません。 当センターでは、高ストレス者面接指導を含め 職場からの相談やご本人との面談を通して、正確なアセスメントに基づく早期の介入を行い、休職させないための二次予防をサポートします。

3. 三次予防プログラム

当センターで行っている三次予防プログラムの特徴は、早期復職を目指す点です。治療に最善を尽しても、やむを得ず病気療養のために休職せざるをえないこともあります。 休職が数か月にわたると、休職中の労働者のプライドだけでなく家族の心理的ダイナミクスも大きく変化し、問題が複雑化するだけでなく再発率も高くなってしまいます。 休職の長期化は、重症の精神障害を抱えていることではなく、再適応のために必要な働きかけが何らなされていないことが原因になっていることが少なくありません。 当センターの復職支援プログラムでは,職場と十分な連携をとりながら、問題の再アセスメントと必要な調整を可能な限り早い時期から始め、より早期の復職と再発防止をサポートします。

プログラム

分類 対象 目的 プログラム
コンサルテーション 経営者、人事労務担当者、産業医、産業保健スタッフ、管理監督者、従業員 1. 不調者の早期
発見・早期介入(二次予防)

2. 職場復職支援
(三次予防)
1)ストレスチェック後の事後対応
(高ストレス者面接指導)
2)メンタルヘルス不調者に関する相談
3)メンタルヘルス不調者に対する面談
4)メンタルヘルス不調者に対する介入
(薬物療法、精神療法)
5)メンタルへルス不調者に対する職場の対応

1)休職中のケア
・面談(問題の正確なアセスメント)
・介入(アセスメントに準じた介入)
2)復職準備
3)復職後のケア
教育・研修 人事労務担当者、産業保健スタッフ、管理監督者、従業員 1. 従業員教育
(一次予防)
2. 人事労務担当者、管理監督者(一次・二次予防)
3. 産業保健スタッフ
研修
(一次・二次予防)
1)メンタルヘルス教育
2)睡眠衛生教育
3)ストレスマネジメント教育

1)早期対応・リスクマネジメント研修
2)コミュニケーションスキル研修
3)フェアマネジメント研修

1)精神疾患のアセスメント研修
2)睡眠改善プログラム研修とフォローアップ

JEMS 会員制度

会員資格

効果的なメンタルへルスの予防・治療には、企業側と医療側の職場メンタルへルス体制・対策に関する共通認識が求められます。したがって、サポートにあたっては次の項目が整備されている、もしくは整備を検討していることを会員資格といたします。

  1. 経営者による宣言
  2. 基本的な産業保健体制
  3. 職場メンタルへルス対策の実施体制
  4. 具体的なメンタルヘルス対策
  5. 具体的な過重労働対策

以上の条件を満たさない企業様へは、当センター委嘱の社会保険労務士、弁護士等が約100項目で構成する「JDC職場メンタルヘルス体制・対策基準」を用いて体制・対策づくりをサポートします。

会員の種類

従業員数、事業場数、業種、業態を問わずご加入いただけます。

  1. 従業員50人以上の事業場を有する企業
    A会員  人事労務部門、産業医、健康管理部門等と連携した一次から三次予防の包括的なサポート
    B会員  企業が選択した一次から三次予防の個別プログラムによるサポート
  2. 従業員50人未満の企業
    C会員  企業が選択した一次から三次予防の個別プログラムによるサポート

JEMS を構成する3機関

JDC産業メンタルヘルスセンター

「JEMS」を具体化する中核組織です。会員企業様の人事労務担当者、産業保健スタッフ、うつ病などのメンタルヘルス不調者へワンストップでコンサルテーション、教育・研修、診療機関紹介などを包括的に行います。

所長    中村 純
特定医療法人北九州病院 北九州古賀病院 院長

六番町メンタルクリニック

うつ病などの気分障害をはじめ「こころの病」全般の診断・治療を時間をかけて行います。また、専門家による認知行動療法(保険診療)も行います。
会員企業様の高ストレス者面接指導、メンタルへルス不調者の診療を優先して受け付けます。

所長    野村 総一郎
前防衛医科大学校病院長・元日本うつ病学会理事長

JDC精神療法センター

所長の精神療法を基本にした特別診療、心理士によるカウンセリングを行います。

所長    野村 総一郎
(兼任)

お問合せ

JEMSに関しますお問い合わせは、下記お問い合わせフォームをクリックし各の項目にご記入の上、送信願います。
ご記入いただいた個人情報は、当法人にて適正に管理し、お問合せ内容の確認及びお客様へのご連絡以外には使用いたしません。

お問い合わせ

睡眠改善プログラム

睡眠改善プログラムの概要

睡眠改善プログラム
  1. 産業保健スタッフ睡眠研修
    ・睡眠医学
    ・睡眠不調者スクリーニング法
    ・簡易睡眠測定計使用法
    ・不眠のための認知行動療法(CBT-I)
  2. 睡眠衛生教育
    ・必要な睡眠時間確保の大切さ
    ・睡眠のメカニズム
    ・簡易睡眠測定計使用法
    ・快眠のための望ましい行動・生活習慣
  3. 睡眠不調者スクリーニング
    ・スクリーニングツール・簡易睡眠測定計を用いた評価
    ・うつ病、SAS(睡眠時無呼吸症候群)などを専門とする医療機関に紹介
  4. 睡眠不調者への個別睡眠保健指導
    ・睡眠習慣のアセスメント
    ・不眠のための認知行動療法

睡眠改善プログラムの効果

  1. 交代勤務者に対する集団睡眠衛生教育
    ・交代勤務者の睡眠の質と抑うつ・不安を有意に改善(380名を対象とした無作為化比較試験)
  2. 一般労働者を対象とした睡眠衛生教育と睡眠保健指導
    ・平均的な睡眠の質を有意に改善(ホワイトカラー127名を対象とした無作為化比較試験)
  3. 不眠労働者を対象とした睡眠衛生教育と睡眠保健指導
    ・抑うつ・不安,QOLを有意に改善
    ・ワークモチベーション,主観的パフォーマンスを改善
     (ホワイトカラー1004名中不眠が認められた223名を対象とした無作為化比較試験)

認知行動療法( CBT)を用いたストレスマネジメントプログラム

ストレスマネジメントプログラムの概要

  1. 産業保健スタッフCBT研修
  2. 従業員CBTグループ研修(1.5時間)
  3. インターネットCBTプログラム(I-CBT)を用いたホームワーク
    ※2、3についてはJDC専門家指導のもと産業保健スタッフと共同で実施

ストレスマネジメントプログラムの内容

ストレスマネジメントプログラムの内容

ストレスマネージメントの効果

(メンタル不調の疑いがある労働者に対するI-CBTの効果)

対象 教育前のK6得点が5点以上ある56名を対象とした無作為化比較試験
※K6得点:得点が高いほど抑うつ・不安が強い

結果 グレーゾーンのメンタル不調者を1ヶ月後、6ヶ月後に有意に改善

職場復職支援プログラム

職場復職支援プログラムの概要

  1. 休職中のケア
    ・面談  問題のアセスメント(診断・治療、職場・家庭環境)
    ・介入  アセスメントに準じた介入(薬物治療、精神療法、環境調整など)
    ・情報交換  企業・主治医とアセスメントに準じた情報交換・連携
  2. 復職準備
    ・企業復職基準確認
    ・復職診断書
      ・就業上の措置意見
  3. 復職後のケア
    ・症状再燃防止 治療継続、就業上の配慮・環境調整へのアドバイス

職場復職支援プログラムの効果

職場復職支援プログラム
  1. 休職から復職までの期間を有意に短縮
    ・問題解決に対する早期のアプローチ
    ・適切な心理療法の併用
  2. 主治医との連携による正確な診断と適切な治療
    ・うつ病の過剰診断の低減
    ・必要以上の薬物投与の防止 
  3. 症状の再燃・再発率の低下
    ・症状再燃防止のための心理教育
    ・適切な就業上の配慮・環境調整へのアドバイス 
pagetop