所長挨拶

六番町メンタルクリニックからご挨拶をいたします。ここは私の医療人としての診療の理想の形を実現しようとする組織です。まず、私の診療についての基本的な考えをご説明いたします。

私はこれまで長年にわたり大学病院や総合病院に於いて、悩める人の心の治療を担当してきました。私は医者ですから、用いる治療技術にはもちろん医学的な色彩が強いに違いありません。つまり、診断をきちんと行うように努力し、薬物療法が必要な場合にはそれを用います。しかし、それだけではなく、カウンセリングや臨床心理的な治療も合わせて行えたら良いと考えます。いや、むしろどちらかと言うとそちらの方に力点を置きたいくらいです。実は私は読売新聞の人生案内も担当させていただいており、そこで多くの方の悩みに寄り添ってきた経験を診療の中でも生かせないか、とも考えているのです。多くの患者さんを担当する関係で、一人の方に長い時間をかけることは物理的にも難しいのですが、それでもできるだけ患者さんとの時間を大事にして、診療を行おうと思います。心の病気は右から左にどんどん治る、という形にはいかない場合もあります。そのような場合には、いろいろな方法でケアをしていくことで、患者さんを支えていきたい。そんな願いも持っています。

六番町メンタルクリニックではこのような私のねらいを、心理士や看護師ともタッグを組んで実現したいと考えます。ここでは合わせて、その有効性が注目される認知行動療法も行い、治療メニューを拡げます。また企業で働く方のメンタルな問題に対応する産業メンタルヘルスセンターとの連携もいたします。まだできたばかりの組織ですが、何か私達にできることがあれば一度ご相談していただければと思います。

六番町メンタルクリニック 所長
(JDC精神療法センター 所長 兼任)
野村 総一郎